プリズマカラー色鉛筆150色レビュー

Pocket

8月に絵を描く練習をすると決めたとき
ずっと気になっていた色鉛筆を
思い切って購入しました!!
それがこちら!!

プリズマカラー150色 色鉛筆!!
大きな紙箱に入って遥々海を
渡ってやってきましたよ~!

今日はプリズマカラーの
レビューを含めたご紹介を
したいと思います

なんと鮮やかな箱

開封してみると
綺麗な色鉛筆が並んでいます✨

⇧一番上


⇩2段目


そして
⇩3段目

たまりませぬ~~~!!
箱から出してみました!!

はぁ・・・💓💞💘
色が並ぶだけで どうしてこんなに
心躍るのでしょう✨💃🙌

アマゾンで購入したのですが
色がかぶることがあるという
口コミを見ていたので
箱の後ろの色順に並べ直しながら

カラーチャートを作り
色の確認をすることにしました。

スケッチブックに
150マス描いて塗っていきましょ~!

色番と色名の下に
筆圧弱→強の違いを塗っていきます。

色鉛筆にはこんな感じで色名・色番が
印字されていますが・・・

⇧こんな風に番号が分からない
ものもいくつかあります💦
色名か色番かどちらかはかすれていない
ものだったので特に問題はありませんでしたよ~

中には鉛筆部分にヒビが入っている物も
数本ありました。
⇩これはまだましな方かな?

画像では撮っていませんが
芯と鉛筆の間に隙間があるものも・・・😅

品質が安定していないというのも
口コミで分かっていましたので
どれも想定内でした。

150色全部塗ってみたところ

恐れていた色かぶりはありませんでした!

150色塗ってみて思うのは
こっくり、こっくり塗れる!
コッテリ、という表現でもいいかも・・・💓


芯がとても柔らかくて
色鉛筆よりも、クレヨンぽい感じ
クレヨンよりも繊細ですが
日本の文房具店で買える
普通の色鉛筆よりは
繊細さの表現は難しいかもしれません。

なので、細かいところを塗るのは
ちょっと難しいです。

この絵の左上の植物が密集している部分や
ノームのお顔を
この色鉛筆で表現するのが難しかったです。

でも
絵の具みたいにしっかり塗れて
ハッキリと色がでますし
紙に色が乗っていく軽さも
プリズマカラーは抜群です!

この絵の下部には
以前ご紹介したファーバーカステルの
水彩色鉛筆も使っています。

あ!これは私のオリジナルの絵では
ありませんよ✋
お手本がちゃーんとあります⇩

繊細さを出したいときや
水彩の表現の方がいいな、というときは
ファーバーカステル水彩を。
こっくりこっくり塗りたいときはプリズマカラーを。

1枚の絵で両方使うことも多々あります。


プリズマカラーでアレ?
と思ったのがコレ⇩

色鉛筆本体の色と
芯の色がどう見ても全然違う・・・😅

殆どの色鉛筆は、
本体の色と芯の色が同じなので
戸惑いましたが
まぁ、これはこれで慣れてしまえば大丈夫👍

微妙な色の違いもたまりません💘💞


私の色鉛筆を探す旅は
ついに終わりを告げそうです・・・🙌

初めは品質が安定していないという
口コミに「確かにそうかも・・・😅」と
思うところもありましたが

コッテリ色を塗りたい方々には
ほんっと~~~にオススメします。


以前の大人の塗り絵ブームの時より
価格も大分落ち着きましたし
この内容でこの値段なら
むしろ、 安いと私は思います!

⇧私は¥13000ちょっとで購入しているので
その時よりも更にお安くなっていますね
プリズマカラーは廃盤になるということですので
購入を迷われている方には
在庫があるうちの購入をオススメします💃





フォローしていただくと情報と更新を見逃しません♡
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です