伊丹国際クラフト展に入選しました!

Pocket


実は、この春からコンペに向けて作品を作っていました。

8月末にその結果が出たのでお知らせします!

まず、結果から!

入選しました~~~!!😃🙌🙌🙌

協力していただいた方々
応援して支えて下さった方々
本当にありがとうございます🙇🙇🙌


昨年、学校にいたときに
コンペに出品するならば・・・?というお題で絵を描いたのですが
それをベースに作品を作っていきました。

タイトルは、コンペ締め切り当日の朝まで悩み

Never Forgetに決定

私にとってハチミツは特別な意味を持っているものです。
養蜂家の祖父がはじめて蜂の巣箱の中を見せてくれたときの
衝撃は忘れられません。

「こんなに小さな生き物が
こんなに沢山のハチミツを
作ってるんだ😲😲😲」と

自分の口にするものは
小さな生き物の仕事によって得られているんだと
そんな当たり前のことを教えてくれた祖父でした。

2016年の日記にも書いていますので
是非ごらんください
じーちゃん

コンペに出品したときのコンセプトは


「私が幼い頃、養蜂家の祖父が教えてくれたこと。
人間が口にしている物は様々な仕事が織り成されてできている。
蜂の仕事、人間の仕事・・・。そしてそれらの仕事は自然とともにある。
蜂や木などはそのままの素材を使用し
花はできるだけその形を再現することで
私の記憶にある情景を表現した。」

生きていく上で 
大切なことを教えてくれた祖父は
いつまでたっても私の憧れです。

じーちゃんのこと
じーちゃんとの思い出
じーちゃんが教えてくれたことと
数々の衝撃

忘れることは決してない。
そんな思いを込めた
“Never Forget”というタイトルです。

実は、作品のデザインよりも
コンセプトとタイトルの文字化の方が
何倍も時間がかかっています😅


コンセプトにある通り
蜜蜂は

本物の蜂を使っています。
勿論、全員寿命を全うした蜂さんですよ!
養蜂家の方に
亡くなった蜂さんをいただきました。

少しだけ補強してありますが
ジュエリーとしての使用には耐えられません😅
コンペなのでアート性を重視しました😶

蜂蜜のパーツを作るのも苦労しましたが

花を花の形に再現するのが
大変だった・・・・。

花びらをすべて抜いて
特殊な加工をした後
1枚ずつ元の形に組み立てていくという
気の遠くなるような作業だったな~~😇

ちなみにネックレスに使用しているのは
全てメスバチです。

セットで作った指輪がこちら

ハチの巣リングの土台は
私がデザインをして
AHIOURY( アシュリー) というブランドを展開されている
池田泰弘さんにCADで作っていただきました。
そのことについては
また別記事で書かせていただきますね^^

池田さんにお願いしたリングの土台に
蜜の細工や花や蜂を載せました。
こちらの花も
少しずつ細工することで
立体的に仕上げています。

リングにいる蜂さんは、オスです。
ネックレスに乗っているメスよりも
一回り大きいのですよ。


雄蜂は、その生涯を巣の中で過ごし
外に出ることはないそうです。
だからこそ、蜂の巣リングにはオスを使いたかった。

よく見ると、オスバチは
蜜だらけになりながら
蜜を吸ってるんですよ😚

巣の外に出ない雄が
どうして手に入ったかというと

リングの上にいるオスは奇形のため
メスバチから
繁殖能力がないと判断され
巣の外に
捨てられた子😨です。
自然界は厳しい😫

そんなこと
おかまいなしに
沢山の人間は
蜂蜜を口にしている

私もその一人。

ハニーディッパーで
自分たちが取ったハチミツを
すくわれる瞬間

蜂ってこんな気持ちなのかな
とか考えながら
蜂をここにしがみつかせました。


初めて挑戦したコンペの出品に
こだわりだらけのNever Forgetで
入選できたことを嬉しく思います。

伊丹国際クラフト展の入選作品は
11月に工芸センターで開催される展示会で
展示されます。
日が近づいたらまたお知らせしますね^^


改めまして
制作・コンペ出品にあたり
協力していただき
支えていただきました皆様に
心より感謝申し上げます。


ありがとうございました。



フォローしていただくと情報と更新を見逃しません♡
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です