ドリカムジュエリー 制作編

Pocket

今日はこちらの

制作過程をご紹介します。


まず、取り掛かったのが

ワルクマちゃん
まだ自宅でバーナーを使えないので
ワックスペンと糸鋸でできる
ワックス原型から
制作をスタートしました。

大まかな絵を描いて
その絵にそって
ワックスを切ったところです。


そこから、リューターで一気に
彫り進めていきまして~

はい!
やっぱりお手ての
🤘ポーズ🤘が
一番緊張したなぁ

ワックス原型を作るときは
ここくらいまでの
大体の形を彫るまでが
一番楽しい😁



次の日は工房で
火が使える日だったので

1枚の銀板から
糸鋸を使い
ハンドカットで
ドリのロゴを切って

ヤスリをかけ


真鍮板から
お星様を切り出し

やすった後



お星さまとロゴを
ロー付し
星型の石座も
ロー付け🔥

綺麗にヤスって
イヤリング金具を
ロー付🔥したら
星型ジルコニアを
石留して
こうなる

こうやって
文字で書くのは一瞬💦
このスターロゴイヤリングだけで
数日かかりました😅



さて、ワルクマに戻ります

1日目におおまかに削ったものを
きれいにして
お鼻付けたとこ



そして、銀はとても重いし
綺麗に鋳造できないので
中を抜くために
真っ二つに~😢

ごめんよ~って言いながら
切って
割れないように
力をいれすぎないようにしながら
中を抜いていきます

中身がなくなって
色が薄くなったのわかりますか?

そして再び
一体に戻す

頭の穴は
鋳造の失敗をさけるために
支えになる部分です。

先生には
「2つに切った状態で
鋳造してから
ロー付した方が絶対にいい」と
言われましたが

どうして、そうしなきゃいけないのか
知りたかったので
完全体で鋳造します。
(分からず屋な私💦)


次はドリクマちゃん~

大まかに切って

色々頑張りまして


はいっ!!

こちらは、
先生のアドバイス通りに

二つにしました。
頭、どこいったかな?

今、再び学校に
行っているので
鋳造は自分でやりました。

いえ、ちょっと
先生に
手伝ってもらいました😅


久しぶりすぎて
ドキドキの鋳造

何が何だか
わかりませんね・・・

銀になった黒い塊の
上の方と
下の方に
かろうじて
ドリクマ、ワルクマが
写ってます。

ここから

更に作業が続きますので
また月曜日に更新しまーす


フォローしていただくと情報と更新を見逃しません♡
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です