ハシビロコウが完成したよ!

Pocket

この状態で更新がとまっていた
ハシビロコウ

ここでは毛並みを
復活させていましたが
その続きを
完成まで一気にいきまーす


最も頭を抱えたのは
背中がひらくこの部分の
ロー付でした。

火を当てないと、銀ローが溶けないため
胴体を一度切って
蓋を閉じた状態で
奥から火を当てる
という指導を受けたのですが

私はなるべく
ローの跡を残したくないので
蓋を開けながらロー付する
という難しい方法を選びました。

どうして蓋をあけた状態での
ロー付が難しいか、というと
蓋がきっちり閉まる位置に
正確にロー付けする
必要があるからです。

色々と試行錯誤を重ね
一度レーザーでの
仮止めを依頼し

ロー付しました。

でも、この方法だと
レーザー機がないと
できないので💦
自分の工房でできるように
今後何か案を考えなければ
なりませぬ😓


写真を忘れましたが
自立するようにバランスをとって
足をつけたのち

鋳造の失敗を防ぐために
開けた穴をふさぎ
毛並みを入れ直します

仕上げ後は、穴がわからなくなります


そして、目の穴に


ブラックダイヤを入れる!

キラリンッ✨✨✨
去年学校で習った
ヘラ留めという技法を
使ったので
接着剤は使っていません

そして、お腹の中に

フェルトを貼って
銀の一部を燻したら!!

はーーーーーい!!!

できあがりーーーー👏👏👏👏

大変だったよ~~~🤣🤣🤣


伊丹ジュエリーカレッジ
在学中に作り始め
完成までは
半年以上
かかってしまいました!

いやはや。。。
出来上がった今は
先生にえらい叱られたのも
無理ないな・・・ってくらい
難しかったです🤣🤣


商品化も予定していますが
高額商品のため
受注生産になります。

11月の展示会にも
展示します~!!



フォローしていただくと情報と更新を見逃しません♡
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です