リスの指輪 part4 完結編

Pocket

とある秋の日


リスさんは冬支度のために
ドングリを探しに出かけていました。



頬もドングリでいっぱいになったし
そろそろ帰ろうかな



なんて思っていたら

なんともツヤツヤな
ドングリを

見つけたのです!



「美味しそう!!」
これは絶対に持って帰らなきゃ!


そう言って、リスさんは
ドングリを



しっかり抱えて



自分の巣穴に

持ち帰りました。


これで、安心して
冬を越せるね。

**************************



リスさんの指輪は
そんなストーリーを思い浮かべながら
お作りしました。

横から見るとこんな感じで


表情がうまく撮れないのですが
可愛い顔をしてるんですよ~💕


先日のブログで、1つの指輪が
離れることなく2つに分かれるのが
ギメルリングとお伝えしました。

離れない2つの指輪だからこそ
私が作ってきた多くのアクセサリーに
してきたように
アクセサリーにストーリーを持たせる
ということが、最大限に生きると
思っていたのです。


一昨年も、学校の課題で
ギメルリングは作りましたが
私の彫りの技術が足りなくて
シンプルな作りの物だったのです。

できないことが悔しかったですし
こういうちょっと面白いものを
面白がってくださる先生で
超人的な彫りとセンスを持っている方のもとで
どうしても作りたかった指輪だったので
昨年、ジュエリーカレッジで杉井先生の講座のみ
研究生の募集がかかり
本当に本当に幸運でした。


色を付ける工程は
カレッジのカリキュラムにはなくて
独学で色々と模索している所です。


こちらのリスさんのギメルリング
商品化も考えて
型取りもしてあるので
将来的に
ウェブショップに並ぶことも
あるかも・・・?

ご興味のある方は
お気軽に
ご連絡くださいね~!!


フォローしていただくと情報と更新を見逃しません♡
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です