溶合手術に10時間・・・

Pocket

複製し、真っ二つになった
ハシビロコウ

鋳造のために、もう一度くっつける
縫合ならぬ溶合手術を行いました。

がっ!!😲
ここで問題が発生💣

ワックスを鋳造した時点で原型より
少し小さくなっていたのですが

その小さくなったものを複製したら
さらに小さくなり、それを
くっつけてみたら
お腹周りがかなり痩せてしまった
悲しいハシビロコウに・・・・・😢

これを銀にすると
更にもう一回り小さくなるのですが
流石にそれは我慢できない。

幸い、背の羽根のサイズは
そこまで小さくならなかったため

その羽根のサイズに合わせて胴体も少し大きくします。



ごめんね~~~って言いながら
もう一度半分に切る。

そして

背の羽根に合わせて大きくしようと思ったら
これだけの隙間を埋める必要がありました。

背の羽根と合わせてみたら
微妙にズレが生じてしまったので
その羽根と胴体のサイズを地道に合わせて
羽根の模様なども入れ直し。。。。。


はいっ!!!!!!!!!!!!

できた💕

複製なのに。。。。
10時間以上かかって
ワックスを仕上げました😅

右端が銀になったもの
中央は複製をそのままくっつけた物
左端がサイズを大きくしたもの。


数ミリの違いが
仕上がりに大きな差を生みます。

これを鋳造に出して、銀になるのを待ちま~す💤



フォローしていただくと情報と更新を見逃しません♡
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です