私ができないことたち。

Pocket

今日は、師匠の元に行く日☀
きっとしんどい日になるだろうとは
思っていましたが
ヘットヘトになって帰ってきました😵🥴

今日からは、タガネを入れる箱を作ります。

これがタガネです。

まずは、「設計図を描いて」と師匠。

私も「とりあえず、設計図、設計図」
と思ってノートに向かっても
よくわからないのです。
すごくシンプルな作りの箱なのに
設計図が描けない。



私は、立体をとらえることが
子どもの頃からできません。

30分以上机に向かい
何度も師匠に質問に行き
見かねた師匠が、1分もかからず
この設計図を描いてくださいました


どんなサイズの板が必要かまで
教えてくださいました。

言われたとおりに、はいはい~って
切ればいいのでしょうが
それでは成長がないと思い
1時間くらいかかって
師匠の設計図を理解しようとしました

多分、こういうことなのか・・?と
8割くらいの理解まではできたのですが
やっぱり完全な理解はできませんでした。

私は2次元で3次元のことを捉える脳が
欠落しています。

この話をすると、皆さん
すごーーーーく不思議そうな顔をされて

「どうして、立体が捉えられないのに
こんな立体が作れるの?」と聞かれます。

どうしてかは、私もわかりませんが
立体の絵も描けません。
私のデザイン画は
多分、私にしか理解できない🥴
(デザイン画の意味・・・😑)

2年前、学生の時に
小学校の算数ドリルを
もう一度、超基礎からやり直しましたが
毎晩、数時間、静かに泣きながら
ドリルに向かう私を見て
夫が「もう十分頑張った。
弥生さんにはできることが沢山あるのだから
それを伸ばすことに時間を使いなさい」と
言ってくれたこと

絵画教室の先生にも
苦しい思いをしてデッサンしていたのが
バレていたようで
「やよいさんは、立体を描けなくても
面白い感性を持っていて
面白い絵を描けるのだから
そっちを伸ばすことに
目を向けたほうがいい。勿体ないよ。」と
言っていただき
出来ないものは、出来ないのだと
開き直ることができました😁


私の師匠も
「面白い物が作れるんだから
それでいいんじゃないかな」って
温かい言葉をかけてくださいました。


この絵を見て
お気付きになられた方も
いらっしゃるかもしれませんが

私は、真っ直ぐな線を引くこともできません。
フリーハンドだと、こんな風に顕著に曲がる。
でも、描いているときは曲がっていることに
気が付きませんのよ。ホホホホ。
凄く、真面目に、真っ直ぐな線を引いて
箱を描いていると思っている。


今日はこのページを何度も見たのに
今、写真で見て
「あれ?曲がってる?」って気が付く程度です。

これも子どもの頃から。

定規をつかっても
真っ直ぐに線が引けないものだから
「お前は根性が曲がってるから
真っ直ぐに線が引けないんだよ!!」
という大人の言葉に沢山傷ついてきました。

ジュエリーカレッジでも
正確な製図の時に相当苦労し
他の授業でも真っ直ぐできない度に
酷く落ち込みながら帰路についていました。


根性は、治らんのんかな。
そんな風に自分を沢山責めましたが



とある授業で、とあることをキッカケに
私は生まれつき
真っ直ぐに物が見えないことに
先生が気が付いてくれたのです。


あたり前なのですが😅
物が真っ直ぐ見えない
真っ直ぐな線が引けないのは
私の根性が曲がっているせいでは
ありませんでした。

物が真っ直ぐ見えないということは
正確な物作りができないということですので
彫金師としては、絶望的なことですが
それでも
それはそれは、嬉しく
長年の、30年程の苦しみから
解放された瞬間でした。




話がそれましたが
真っ直ぐ線を引けないので
この板を

切るときにひいた線も
数十分かかってひきましたよ。
(最終的に間違ってましたけどね🤣)

板ができちゃえばこっちのも~のよ~♪
って思って踊り出しそうでしたが

デザイン画を描くために

これを描くのに1時間くらいかかった・・・🤣🤣🤣🤣

いやぁ~今日は
既に1週間分くらいの
エネルギーを使ったのでは
ないでしょうか😂


私はできないことを「できない!」と
簡単に投げ出すことは
したくないですし
なるべく、できるようになろうと
自分なりに取り組みますが

もっと、自分のもっているもの
長所を生かすことに
目を向けてもいいかもしれないな~と
思えるようになってきました。



社会もさ、そうなるといいなって
思うのです。
努力は忘れないほうが良いとは思いますが
人、それぞれの許容量があって
できないよ 無理だよって
言えるような

言われた人たちも
公表されたことを
「そうなんだね」って
受け止めるような


自分の中にない物や事を理解することは
非常に難しいことだけれども

認める力がある
そんな社会になっていって欲しいです。


さだまさしも 玉置浩二も
「幸せになるために 生まれてきた」
って言ってるよ☺



フォローしていただくと情報と更新を見逃しません♡
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です